SHOPPARK > Stork Corp > 赤外線ライト 不可視 小型 ナイトビジョン 赤外線LED IR 軽量 携帯 暗視 暗視スコープ サバイバルゲーム (850 nm)

Stork Corp 4件

赤外線ライト 不可視 小型 ナイトビジョン 赤外線LED IR 軽量 携帯 暗視 暗視スコープ サバイバルゲーム (850 nm)

暗闇を照らす見えない光! 動物観察、防犯、サバゲーなど。

・赤外線5W3チップLED搭載。ハンディタイプ。・先端部をスライドさせるとズームの調節ができます。 底部のスイッチを押すとON/OFFを繰り返します。・サイズ:全長約92mm(最大98mm)x直径25mm(手持ち部分約20mm) 重量:約60g(電池を除く)・防水仕様:生活防水 材質:アルミニウム合金 使用電池:単3乾電池1本・取扱い説明書は付属しません。・不可視重視の方には940nm、到達距離重視の方には850nmがお薦めです。・動作確認は肉眼ではできません。 赤外線カメラ、赤外線ビデオカメラ、ナイトスコープ等を通してご確認ください。・暗闇での動物観察、防犯、サバイバルゲーム等にご活用ください。 赤外線撮影、夜間撮影、暗視撮影を効果的にサポートします。

スイッチをONにしてスマホやデジタルカメラでレンズ内のLEDを見ると、わずかに薄い紫系統の色に変色していることが確認できます。(カメラの機種により若干異なります)IR850はIR940に比べ、一部可視光が含まれているため肉眼でも赤い変色を確認できますが、肉眼で見える色は赤外線ではありません。)赤外線カメラ、赤外線ビデオカメラ等を通すと眩しい逆光状態となります。赤外線は人の目では見ることはできません。可視光にやや近いIR850の光はうっすら赤く見えますが、これは赤外線ではなく可視光の領域が含まれているためです。IR940の光は可視光成分が少ないため、肉眼では全くといっていいほど見えません。一般的にIR850の方が到達距離が長いと言われていますが、赤外線カメラや赤外線ビデオカメラとの相性がありますので、撮影に際してはどちらが明るいとは一概に言えないようです。暗闇での動物観察、防犯、サバイバルゲーム等にご活用ください。赤外線撮影、夜間撮影、暗視撮影を効果的にサポートします。

  • 2020.01.25 06:25:38
  • 3 view