SHOPPARK > 新潟産こしひかりHIBARI > 新米 米 お米 10kg 新潟県産 コシヒカリ プレミアム 産直 産地限定 自社生産 令和2年産 選べる 玄米 白米 送料無料 ミシュラン店様御用達米 5kg×2袋

新潟産こしひかりHIBARI 9,316件

新米 米 お米 10kg 新潟県産 コシヒカリ プレミアム 産直 産地限定 自社生産 令和2年産 選べる 玄米 白米 送料無料 ミシュラン店様御用達米 5kg×2袋

新米 10kg 米 お米 玄米 白米 新潟産 コシヒカリ 5kg×2袋

【★新米10kg新潟県産コシヒカリプレミアム米ミシュラン店様御用達・売筋No.1のお米★HACCP精米・産地直送】<プレミアム新潟産こしひかり産地限定米>「食味80点以上」のお米に特化したプレミアム新潟産こしひかりです。満足する美味しさHIBARIがやめられない!<お米作りのこだわり>粘土層と有機肥料の土壌で育てられるお米。軟水のやわらかい水を使い、甘みと粘りのあるこしひかりを作りだします。粘土層は養分を多く吸収できることに優れ、根が太い。大豆、魚粉、牛糞、枯葉などから作る有機肥料の土壌。<生産のこだわり>日々の田んぼの水温管理。十分な日光は完熟した健康な米が収穫できるよう熟練の感覚によって徹底管理。黒酢を使った自家製の液肥を使用し、稲への栄養と病害虫の予防を同時に行います。<産地限定米>・亀田エリア・蒲原エリア・新発田エリア・中之島(長岡)エリア●商品名:新潟産こしひかりHIBARI10kg●衛生管理:国際衛生基準「HACCP」をクリアした精米工場で精米●名称:精米●産地:新潟県●品種:コシヒカリ●産年:令和2年産●使用割合:単一原料米●内容量:10kg●精米年月日:別途商品ラベルに記載

炊飯テストを毎日実施美味しいお米を食卓へお届けいたします。肥沃な土壌+日光+超軟水(Soil+Sun+Water)うまい米を作るという最上の日常は、この条件全てを満たすことにより「米食味値80点」以上の米を作り出します。田んぼ一つ一つ、各々に作り方とこだわりがあります。魚介ベースの粉末有機肥料を使った肥沃な土壌、また隣の田んぼでは稲わらベースの有機肥料を使うなど、こだわりのこしひかり農法がここにあり、成熟した土壌を育む。肥沃な土壌、田んぼに引かれた超軟水、日照量のバランス。それぞれ条件を満たすように走り続けます。「食味80点」以上=ハイエンド米一見低いと思われる点数は、新潟産こしひかり生産量のわずか0.01%以下の流通量になります。HIBARIは、農地1つ1つのポテンシャルを引き出す農法と共に、美味しいお米を食卓へお届けいたします。TheUltimateorNothing豊かな自然とすべての農家のみなさんへ、感謝を。日本一の米として名高い新潟県産コシヒカリ。田んぼ一つ一つ、成熟した土壌にはこだわりの農法がある「わずか0.01%のプレミアムなこしひかりが、美食の宴を引き立てる」味だけではなく育てられた環境も気になりませんか。当店のHIBARIは、産地だけではなく生育背景も追求しています。毎日の管理に勝るものは無い夏は暑さで田んぼの水が温まってしまい、稲の根っこが痛んでしまう恐れがある。そのため、朝は田んぼに新鮮な水をはり、夜は温まった水を流すことを毎日繰り返す。特別な作り方をしないが甘く大粒の米ができるのは、毎日の管理に勝るものは無い事を証明している。自家製の堆肥を使った米作り牛の飼育を行っており、その牛糞と稲わらを混ぜた堆肥を田んぼに混ぜている。また、深水栽培という農法を実践している。これにより雑草の生育を抑制して、除草剤などの農薬使用量を減らすことができる。お米の粒が整う効果もある。希少な大粒の米超軟水150〜160町歩の田んぼを管理。生産環境が適応した希少な大粒の米ができやすいエリア。日当たり良好で、夏場の水管理をしっかりします。朝と夕方の水の入れ替えこそが、うまい米を作り出す。1.9mmの網で選別された一番大粒なお米だけを選別しています。農薬の使用を減らす黒酢を使った自家製の液肥を使う。種籾の浸水時、黒酢を混ぜた溶液に浸して準備をする。発芽し、苗出し時に薄めた黒酢液肥をかけ、病気に強い稲を育てます。田植え後には稲が太くなるように黒酢液肥を圃場に散布します。鉄砲と呼ばれる噴射機で霧状の液肥を直接かけて、稲への栄養と病害虫の予防を同時に行う。豚糞の有機肥料で土作りをおこなうことで、このエリアの環境に馴染んだ土壌となり、香り豊かなお米となる。甘くもっちりしたお米肥沃な粘土層が多く点在し、超軟水エリアでもある。土壌環境に優れ有機の肥料がよく使われる。育苗の際、苗箱に自家製のくん炭(籾殻を焼いて炭にしたもの)を使用し、根張りの良い苗を育てます。栄養分を多く吸収し、甘くもっちりしたお米になる。美味しいお米を届けたいからこだわる上質なお米をお届けするまでの秘訣とは、妥協なき「保管管理」。私たちは、お米の専門家として、保管場所・湿度・保管状態はもちろん、「食味80点以上」の適正な配合を研究し、日々変化する気候に合わせ、水分量を調整しています。炊飯テストを行い納得のいくお米をHIBARIとしてお届けします。いつでも美味しいお米をご提供できるように努力を続けます。精米方法で作り出すフレーバー玄米保管管理されたお米は、お客様からオーダーをいただくと精米作業に入ります。玄米が収穫後も生きていて、その日の湿度や気温によって状態が変化する。日々精米制度を時間毎に管理し、美味しい状態のお米をお届けできるよう研究し実践しています。自然の味・栄養を残す削り過ぎない精米当店の精米方法は、お米に残した糠層(ぬかそう)と胚芽で少し黄色く見える場合がございます。旨みや栄養を残すため何卒ご了承ください。白くなったお米が混ざっていた場合これは『シラタ』と呼ばれる夏場の高温障害で発生してしまったものです。光学色彩選別機により可能な限り選別しておりますが、完全に除くことは難しく数パーセント程度混ざってしまうことがあります。少量混ざっていても食味に影響がなく無害です。当店でも一緒に炊いて実食しておりますので安心してお召し上がりください。保管方法「防腐剤・添加物不使用」のため、時間の経過・保管状態でお米の酸化が進み鮮度が落ちていきます。少しでも美味しくお召し上がりいただくために、上記画のの保管方法をお願いしております。害虫予防には市販の密閉容器や予防グッズ、唐辛子などがおすすめです。<冷蔵庫で保存する場合>冷蔵庫から出した容器を長時間放置すると、外気との温度差により結露しカビの原因となる場合があります。必要なお米を取り出したら、速やかに冷蔵庫へ戻すようにすることで、食味の低下を抑えることができます。

  • 2020.09.28 02:16:52
  • 1,031 view