SHOPPARK > ELUK SHOP > Bluetooth ブルートゥース イヤホン 両耳 通話 スポーツ 軽量 ランニング ワイヤレス ハンズフリー iPhone Android aptX CVC6.0 EK-M9BE あすつく対応

ELUK SHOP 1,689件

Bluetooth ブルートゥース イヤホン 両耳 通話 スポーツ 軽量 ランニング ワイヤレス ハンズフリー iPhone Android aptX CVC6.0 EK-M9BE あすつく対応

ハウジングマグネットがピタッとくっつくワイヤレスイヤホン

●従来のイヤーピースでは動きの少ない場面でしか安定した装着ができませんでしたが、当店オリジナルスポーツサポートイヤーピースを追加付属。これにより、ランニング時などでも安定した装着を維持します。【2017/6/9追記】●高音質デジタルサウンドの代名詞aptXを採用。さらに、CVC6.0ノイズキャンセリング搭載で、聞き取りやすくクリアな音質で長時間の通話も快適に楽しめます。●斬新なマグネットデザイン。使わない時はハウジングのマグネットをネックレス風にくっつけて、首周りに感じよく収めておけば邪魔にならず持ち運びOK!●イヤホンコードにはOFC(無酸素銅)を使用し、一般的なケーブル比べ信号の伝送ロスや、歪みを抑えることができます。●英語ボイスガイド搭載。接続状況やバッテリー残量を音声で確認出来るので初心者の方でも安心してご使用頂けます。●2台のスマートフォンで同時待ち受けができるマルチポイント対応。複数のスマートフォンを使用する方にオススメです。●CSRチップを採用したBluetooth4.1で、iPhone以外にもAndroidスマートフォンやタブレットなどのBluetooth端末に対応しています。※ネコポス対象商品

★製品仕様★型番EK-M9BE適合規格BluetoothVer4.1送信距離約10m※使用環境によって異なります。送信周波数範囲2.4〜2.480GHz待機時間約80時間通話時間約5時間音楽再生時間約3時間充電時間約0.5〜1時間送信出力Class2※Class1の機器との接続も可能です。重量約14gカラーブラック・レッド対応プロファイルA2DP・HFP・HSP・AVRCP充電方法USB充電※パソコン等からのUSB充電対応機器ステレオミニプラグ搭載のイヤホン<Bluetooth対応のパソコン>※HSPまたはHFPに対応していること。音楽再生の場合は、オーディオプロファイルA2DPに対応していること。※パソコンがBluetoothに対応していない場合、BluetoothUSBアダプタ、またはBluetoothオーディオアダプタをお使いください。<オーディオ>※オーディオにはBluetoothオーディオアダプタをお使いください。<携帯電話>※通話の場合はハンズフリー(HFP)またはヘッドセット(HSP)プロファイル、音楽再生の場合はオーディオ(A2DP)プロファイルに対応していること。付属品日本語説明書・充電用USBケーブル・クリップ・アジャスター・交換用イヤーピース注意事項●商品の色合いは、実物とは多少異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。●商品のデザイン、仕様、外観、価格は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。●本製品を使用したことによって生じた動作障害やデータ損失などの損害については、弊社は一切の責任を負いかねます。●本製品はBluetooth対応のすべての機器との接続動作を保証したものではありません。●必要以上に長時間の充電はしないでください。●バッテリーは消耗品ですので、保証の対象にはなりません。●十分に充電しても使用時間が著しく短くなってきたり、使用できない場合は電池の寿命ですので、新しい製品をお買い求めください。(電池交換はできません)●他の機器と見通しの良い場所で通信してください。建物の構造や障害物によっては、通信距離が短くなります。特に鉄筋コンクリートや人間の身体(接触した状態)などを挟むと、雑音が入ったり通信不能な場合があります。●Bluetooth対応のヘッドホン・ヘッドセット・スピーカーなどの音楽・音声機器とマウス・キーボードなどを同時に接続し使用した場合、音楽や音声が途切れることがあります。●Bluetooth接続においては、無線LANその他の無線機器の周囲、電子レンジなど電波を発する機器の周囲、障害物の多い場所、その他電波状態の悪い環境で使用しないでください。接続が頻繁に途切れたり、通信速度が極端に低下したり、エラーが発生する可能性があります。●IEEE802.11g/bの無線LAN機器と本製品などのBluetooth機器は同一周波数帯(2.4GHz)を使用するため、近くで使用すると互いに電波障害を発生し、通信速度が低下したり接続不能になる場合があります。この場合は、使用しない機器の電源を切ってください。

  • 2018.07.20 04:04:03
  • 26 view