SHOPPARK > 食品 > 調味料、料理の素、油 > 砂糖、甘味料 > 上白糖 > 原料糖 農薬不使用 ボリビア産 さとうきびの生砂糖 500g


原料糖 農薬不使用 ボリビア産 さとうきびの生砂糖 500g

22件

砂糖の原料となる、精製されていない生砂糖。まろやかな甘さです

生砂糖は、精製前のナチュラルなお砂糖です。ボリビア産 無農薬のサトウキビを使用しています。ビタミンやミネラル等がそのまま含まれています。粒子は粗めで茶色い色をしています。自然な甘みで、そのまま食べてもおいしいです。溶けやすく、コーヒーや紅茶にもよく合います。料理に使うと、コク、テリが増します。生砂糖は、粗糖(原料糖)ともいいます。生砂糖から、大量の白砂糖が作られます。砂糖の原料となる原料糖です。

還元力のある不思議な砂糖砂糖は体を酸化させてしまうことから老化・病気の原因とされ、健康によくない事はもう誰もが知っていることです。アメリカのJ・I・ロデール博士は、「砂糖がもし栄養だと言うのなら一度、家畜に与えてみるが良い、たちまち病気になり死ぬ」と警告しています。人間のエネルギーである糖質は個人差によって大きく変わりますが、成人男性で400g、成人女性で300g必要です。精製された砂糖は、胃腸に入ると直ぐに吸収され、血液となって全身に流れていくので、血糖値が上がります。この血糖値を下げる為に膵臓からインスリンが分泌されます。インスリンは食事から得ることができないので、分泌され尽くすと病院でインスリンを投与しなければならなくなります。この状態が糖尿病です。更に分泌されたインスリンを分解するためにインスリン分解酵素が分泌されます。インスリン分解酵素は脳の異常タンパク質を分解する役割があります。この酵素も食事から得ることができないので、分泌され尽くすと脳の異常蛋白質を分解できなくなり、国民の四人に一人がなると言われているアルツハイマー型認知症になります。更に砂糖はタバコよりも中毒症状が強く、健康を害するものとして問題になっています。砂糖は料理の他に加工食品や市販の缶コーヒーやジュースにも非常に多く使われています。私達の体で糖を最も必要とする脳でさえも、1時間5gしか必要がないのに、ファーストフードのシェイク1杯には、実に110gもの砂糖が使われています。若いうちは健康でも確実に自らの酵素が減少し、将来の健康を害することになります。世界保健機構(WHO)は1日25g以下の摂取量を呼びかけています。また、胃腸での消化・吸収が簡単にされてしまうことから直ぐに空腹感となり、常に無意識に飲み物や食べ物から糖分を求めるようになり、胃腸に納めるまで精神的に落ち着かなくなり、タバコ以上の中毒症状に襲われてしまいます。過剰に摂取すると、エネルギーに変換されなかった不要な糖質は脂肪に変換され、この脂肪を燃焼しないと肥満や癌などの原因になってしまいます。歯や骨からカルシウムも奪い、歯や骨以外に胃も弱くします。東北大学口腔衛生学の山田正教授は、「砂糖は口に含むだけで濃度に関係なく歯表面が虫歯になる酸性状態にする」と警告するように、水素イオン指数がpH5.5以下になると虫歯になります。また酸化還元電位(ORP)の数値も高めてしまい体を酸化させてしまいます。砂糖は、歯や骨をボロボロにし、癌・心疾患・脳疾患・鬱を招く、化学物質“C6H12O5”です。欧米ではタバコやアルコールと同じ様に、中毒性のある健康を害するものとして、イギリスなど“砂糖税”を導入する国も出てくるほどになりました。2014年5月21日、飛竜の原料糖の水素イオン指数(pH)と酸化還元電位(ORP)を測定をしました。pH7、ORP600mVの水道水に飛竜の原料糖20gを混ぜると、pHは7の中性を保ち、ORPは250mVまで還元しました。更に2年以上経った2016年9月28日に再度測定するとpHは虫歯になり始める直前の5.53、ORPは305mVまで還元しました。生産から日が経つと酸化していくことが分かると同時に鮮度があることがわかりました。因みに人間の血液は、水素イオン指数pH7.3〜7.4、酸化還元電位250mV以下です。砂糖が有害と懸念される中、この原料糖がいかにナチュラルであるかご理解頂けるかと思います。原料糖とは、サトウキビから煮だした精製される前の砂糖の原料です。それでは原料糖が出来るまでの流れを説明します。(1)環境汚染がされていないボリビアで、無農薬・無肥料栽培サトウキビの重量と質を鑑定し、良質なサトウキビだけを選別します。(2)選別したサトウキビを圧搾機にかけ、繊維と搾り汁に分けます。(3)搾り汁から不純物を取り除き、濾過します。(4)水分を蒸発させます。(5)更に水分蒸散させ、蜜分と結晶分になるまで煮詰めます。(6)蜜分(糖蜜)と結晶分(原料糖)を分けます。(7)結晶分を乾燥させ、湿度を飛ばして最高品質の原料糖が完成し、飛竜にて袋詰めされ販売されます。通常原料糖は、ここから国内製糖工場にて融解して遠心分離機に掛け、活性炭フィルター・イオン交換膜フィルターなどで濾過をして、無色透明・高純度の糖液をつくります。それを結晶釜に入れて、最初にできる一番絞りの高品質の砂糖が一番糖になります。更に残った糖液を加熱・融解して結晶釜に入れ、二番糖をつくります。同様の工程を繰り返して、三番糖、四番糖…というように結晶を取り尽くします。一番糖や二番糖からは高純度の「グラニュー糖」「白双糖」、「上白糖」などが作られます。三番糖や四番糖からは「上白糖」などが作られます。最後に残った糖液から作られるのが「三温糖」です。三温糖のカラメル色は、糖液を何度も加熱を繰返したことで焦げ色が付いたものです。食品添加物のカラメル(着色料)で着色した三温糖もあり、原材料表示に「カラメル」と明記されています。白い砂糖以外の黒糖であれ、グラニュー糖であれ、果糖であれ、酸化力のあるものは、すべて健康を害します。これら糖分は「いらない調味料」と言えます。